「クラゲのようになる時とは?」:目標設定は可能性を狭めてしまうこともある。

投稿日: 2017年8月21日  | カテゴリ: 感情と症状のWS感想

こんにちは。

ヒーリング3.0研究所の綿貫 憲です。

第2回目の豊かさのワークショップ、統合型ヒーリングベースの豊かさへの6ステップを明確な原理と共に実践していく1日になりました。

 


ぼくが今回、もっとも考えさせられたのは、目標を持たない生き方と、

目標を持つ生き方の、どちらを選択するかの基準についてです。

どうすれば、適切な選択できるでしょうか?

その一つのヒントを書くと、あらゆる選択肢を見て、

「どの選択肢もピンと来ない時こそ、クラゲのようになる時」です! 

今回、面白いのは、目標、ゴール設定する事を決めた方と、

何も決めない事を決めた方(クラゲのようになることを決めた方)と、

同じワークショップの中で、両方いらっしゃる事です。

クラゲのように展開型で生きるにも、自己信頼が必要です。

システムとして展開型か、目標型か導く方法、今回、明確に掴めました。

 

全員、それぞれが今のタイミングで必要な事を、掴んで頂けたようでした。

参加者の声を通してお届けさせて頂きます。

「理路整然とゴール設定できた!」

眼の不調に感謝の気持ちを初めて持てるようになった」

「具体的に仕事に関して、新しくみえてきた!」 

等の感想を頂いています。

詳細は以下をお読みください。

 

★「理路整然とゴール設定できた。」

理路整然とゴール設定させていただきました。ありがとうございます。
今回は少人数だったおかげか、じっくりと学ばせて頂きましたので
理解もしやすかった気がします。

「本当の望み」をフル稼働して、永続進化する豊かさを、じっくり受け取りたいと思います。

 

(T・T様 大阪府)

 

★「眼の不調に感謝の気持ちを初めて持てるようになった」

自分の本当の望みが、パートナーである夫と、

非常に不満足と考えていた眼の不調に支えられていたことが分りました。
今日初めて、眼の不調に感謝(!?)の気持ちを持つことが出来ました。


【今後実行したい事】

クラゲになることです。

 

(まみさん様 大阪)

 

★「具体的に仕事に関して、新しくみえてきた!」

憲さんが物理学出身という、科学的な視点に興味を持ち受講しました。

従来の心理学的な立場にとらわれない(でも共通する要素が多い)明快な方法のように感じました。

自分の「本当に望んでいること」これを明確に言葉に表現できたことが、

まず統合の第一歩でした。
具体的な日常の願望にも、両極をみることで新たな視点が見えてきました。

両極を統合するというのは、他の心理療法でも使う方法ですが、

その方法がクリアになっているのが、違うところかなと思います。

 

【実行したいこと】
具体的に仕事に関して、新しく見えてきたことを実行してみます。

 

(じゅんこ様 大阪)

 

 



夢や願望実現をテーマに見ていきましたが、全員の方が何かを捉まれ、大きく前進された一日になりました。

もしこれを読まれているあなたが、人生のあらゆる選択肢をみて、

どれもピンと来ないなら、クラゲのように生きる時かもしれません。 

本当にその方の人生をじっくりと見ると、何も決めない事がベストのことがあります。 

その時でも氣付いている必要のある事をワークショップではお伝えしています。

「目標設定がその人の可能性を狭めてしまうこともありえます。」

MBS統合メソッドを使うと、その方の本質に迫るため、目標設定した方が良いかどうか、分かるようになるのです。

その最重要項目は感情と症状のワークショップで学べます。

トレーニングは、MBS統合メソッド・マスターコースで提供させて頂きます。 いよいよ、第3期の募集を開始します!


感情と症状のワークショップはこちらからどうぞ。

最新のワークショップ情報はこちらにあります。 

 

次回以降の豊かさのワークショップは以下のリンクからどうぞ!


永遠に進化し続ける豊かさを受け取る、最大の鍵は、MBS統合メソッドを体験によって身に付けることにあります。

そのための最重要項目は、感情と症状のワークショップでお伝えしています。

以下のリンクからどうぞ。
最後までお読みいただき、有難うございました。
 

 

.png

LP-2.jpg

オンライン無料動画セミナー
メールアドレス

HP.jpg


 

-red.jpg

 .jpg
綿貫 憲


ご訪問頂き、ありがとうございます。このご縁に感謝します。

ヒーリング3.0研究所の綿貫 憲(わたぬき けん)と申します。

 

 

MBS統合メソッド・マスターコース主宰

ヒーリング3.0研究所

電話・FAX・メールでのお申し込み、お問い合わせはこちら


TEL 072-807-8864

FAX 072-807-8864

plenum.ken@gmail.com

所在地

〒573-0035

大阪府枚方市高塚町1丁目1-303号

コラムアーカイブ

2017


まずは

メルマガ登録を!

 

メルマガではこのホームページより濃い情報を優先的にお伝えしております。 

最新 のワークショップやイベントの情報も優先的にお届けしております。

こちらからお気軽にご登録ください。 (いつでも解除できます。 )

 

 merumaga-red.jpg

このページのトップに戻る

-.jpg